スピルリナの特徴について

スーパーフードの代表格でもあるスピルリナですが、どのような点が優れているのでしょうか?まずはスピルリナの特徴について説明しましょう。

何が凄いかといえば、たんぱく質が豊富に含まれている点です。アミノ酸のバランスが取れているたんぱく質は、豆腐のおよそ10倍以上です。また、水溶性難消化性多糖類でもあるので食物繊維も大量に含んでいると言われています。

それ以外にも、スピルリナの特徴ともいえる植物性色素を含んでいると言われています。葉緑素であるクロロフィル、カロテノイド系色素であるβ-カロテン・ゼアキサンチン、そしてスピルリナ特有のフィコシアニン色素です。これらを合わせることで濃い緑色のスピルリナ色になるといわれています。このようにスピルリナには、多くの色素を含んでいることで私たちの身体の働きをよくしていると言われています。

また、ミネラルの補給に欠かすことのできないカルシウムや鉄が含まれているだけでなく、マグネシウムやマンガン、コバルトと呼ばれている微量元素も含まれていることから貴重な栄養を摂ることが可能でしょう。そして、γ-リノレン酸も他の藻類に比べると非常に多く含まれていることから体内での代謝率もアップすると考えられています。

スピルリナは、このような生きていくために必要不可欠な要素を大量に保持しているだけでなく、細胞壁がもろいスピルリナは消化吸収率が95%とも言われて、口に入れた食物から十分な栄養素を取りやすいと考えられています