色素の活躍が凄すぎる

スピルリナの特徴でもあるカラフル色素について説明しましょう。私たちの身体を動かすために欠かすことのできない色素を多く含んでいるのがスピルリナの素晴らしい点でもあります。まず初めに、フィコシアニンは藍藻類に関係する光合成の青色色素です。これがスピルリナに多く含まれるたんぱく質であるとされています。この青色はとても鮮やかな色をしていて、植物由来の色素として菓子類などにも使われています。たとえば、ガムやキャンディー、それに意外かもしれませんが、ワサビにも含まれています。

クロロフィルは葉緑素とも呼ばれていますが、植物には不可欠とされている緑色をしていて光合成には欠かすことができません。このクロロフィルでは、高エネルギーリン酸化合物の生成に重要な働きを見せる光エネルギーから化学エネルギーへ変換するために重要な働きを見せると言われています。

そして、カロテノイド色素とも呼ばれているβ-カロテンとゼアキサンチンは、黄色とか橙色の色素です。β-カロテンは、にんじん・かぼちゃ・ピーマン・ほうれん草に含まれていて、レチノールであるビタミンAに変化すると言われています。ゼアキサンチンは、ほうれん草・マンゴー・とうもろこしや鶏卵にも含まれています。このように緑黄色野菜などに含まれていますので身体にとっては最高に良い色素だということがわかるとおもいます。

スピルリナには緑黄色野菜に豊富な黄色色素のβ-カロテン、光合成で主要な役割を果たす緑色色素のクロロフィルも多く含みます

スーパーフードであるスピルリナは、さまざまな要素を兼ね備えた最高の食品だと言えるでしょう。